プログラマー起業塾 プログラムで月100万稼ごう!プログラミングができなくても大丈夫♪
プログラマーのビジネスモデルの考え方

プログラマーのビジネスモデルの考え方

初心者ユウコちゃんシリーズ

プログラマーのビジネスモデルの考え方とは?

こんにちは、ユウコです。
前回のお話で、プログラマー起業ってどんなものなのか、ということがわかりました。
今回は、ビジネスモデルの考え方について、少し勉強したいと思います。

先生、よろしくお願いします。

よろしくお願いします。ではさっそく、前回のおさらいをしてみよう。「何を、誰に、どこで、どうやって提供するか、を決めてビジネスにするのが、プログラマー起業だ。」という話をしたね?

はい。自分自身がプログラマーである必要はない、ということもわかりました。

そうだったね。じゃあユウコちゃんの、次の疑問は何かな?

はい。まず最初に、何を提供するか、考えてみようと思ったんです。前回紹介してもらった「SEO対策 ライバルサイトを解析」というサービスは、すごいな、とは思うのですが、自分にはあまり馴染みがなくて。やっぱり、自分にとって便利なツールやサービスがいいな、と思いました。

なるほど。

でも、全然思いつかないので(笑)、スマホアプリの人気ランキングを見てみることにしました。どんなアプリ(ツール)があったのか、書き出してみますね。・メモリクリーナー、高速化、省電力化
・QRコードリーダー
・ウィルス対策
・日本語入力
・翻訳
・メアド交換
・ビデオプレイヤー
色々なツールが既にあって、これから新しく考え出すことなんてできるのかな、と思って。。。

なるほど。自分にとって便利なツールやサービスがいい、という視点はいいね。ただ、まったく新しいツールを思いつく必要は無いんだよ。僕の知り合いで、電卓アプリを世界で販売している人がいるんだ。ひと言で電卓といっても、さまざまな種類があって、例えば、キーの配置が異なるもの、表示する際の数字のデザインが独特なもの、などがあるんだよ。それらを研究し、各国の仕様に合わせた電卓アプリを制作することで、世界中でビジネスをしているんだよ。

電卓。。。

既に世の中に出回っているツールでも、機能を少し変えたり、売り方を工夫することでビジネスにすることが可能なんだよ。

なるほど。気持ちが少し軽くなりました。

ユウコちゃんが苦悩したように、何を売ろうか、どんなサービスを提供しようか、と考え出すことは、とても難しいことなんだ。そしてやっと「これを売ろう!」と決めたとしても、そのビジネスが成功するかどうか見極めるのは、とても難しいことなんだ。

先生、難しいことばっかりです!

そうだね、だから、そのハードルを越えた人だけが成功できる。プログラマー起業塾の月刊音声セミナーでは、毎月たくさんのビジネスモデルを紹介しているんだよ。

え!無料で?

有料です!!

そうですよね。でも、今日は電卓のお話が聞けてよかったです。先生、ありがとうございました。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。