プログラマー起業塾 プログラムで月100万稼ごう!プログラミングができなくても大丈夫♪
英語よりプログラミング言語をマスターすべき理由とは?

英語よりプログラミング言語をマスターすべき理由とは?

英語業界の大失業時代が到来する!

初心者ユウコちゃんシリーズ


プログラミング言語って、とっても難しい印象があります。文字だけだからイメージしにくいし……

うん。多くの人が、プログラミング言語は難しいと考えているんだよね。だらか今回は「英語」と比較してみようと思うよ。

それはわかりやすい比較かも知れませんね。英語とプログラミング言語では、どんな違いがあるんですか?

まず英語は、これから学ぶ必要がなくなるスキルだよ。

えぇ! 英語はもう学ばなくてもいいんですか。

そう。いまの段階で、TOEIC800点の実力がある自動翻訳機が登場しているんだ。おそらく2,3年後には、TOEIC990点満点になるんじゃないかな。それに音声認識技術も急速に進化してきているんだよ。例えば、複数の人が同時にしゃべっても聞き分けることができるし、雑音の多い場所で5m先の人の話し声をちゃんと聞き分けることもできるようになってるよ。

うわー、私の知らない間に、そこまで進化していたんですか。TOEIC990点レベルの機械翻訳が誰でも利用できる時代がもう2,3年後に迫っているんですね。そうなったら、誰でも完璧な通訳者をポケットに入れて持ち運べる時代になりますね。

そう。だから英語は「書道」みたいに、趣味で楽しむ人以外はもう学ぶ必要がないんだよ。

英語が苦手な私としては、とても嬉しいです♪

これは統計データがないから推測だけど、世界中で英語を学ぼうという人が激減しているんじゃないかな。英会話の先生、英会話教室、フィリピン・セブ島の格安英語留学、スカイプ英会話教室なんかも、これから急速に縮小していく業界だと思うよ。

いよいよ「英会話の先生の大失業時代」、「英会話業界の消滅時代」に突入するんですね。

そもそも「世界人口約70億人のうち、25%の約17.5億人が英語人口」といわれているから、仮に英会話をマスターしても、世界中のすべての人とコミュニケーションを取ることはできないよね。だけど機械翻訳はほとんどすべての言語が対象になるから、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ヒンドゥー語でもコミュニケーションが取れるし、アフリカの奥地に行っても会話をすることができるようになるよ。

もう英語を勉強する気持ちが、私の中からすっかりなくなってしまいました(^_^)

「プログラミング言語」は世界共通語だからね。プログラミング言語は世界中で同じ文法で使われているから、一度マスターすれば世界で通用する人材になれるってことだよ。

なるほど。とても興味深いお話ですね。

それに、英会話をマスターするには、早くても2,3年、一般的には5,6年かかったりするでしょ。でもプログラミング言語は早ければ3ヶ月、少なくとも6ヶ月あればマスターできるんだよ。例えばある企業では、新入社員に対して、全くの初心者にもかかわらず6ヶ月でJavaというプログラミング言語の技術者を育てているんだ。Javaは比較的難しいプログラミング言語だから、それより簡単なPHPやKotlin、JavaScriptとかだったら、もっと早くマスターできるよ。まぁ、プログラマー起業塾では、プログラミングができなくてもプログラムで稼ぐ方法を紹介しているから、自らプログラマーにならなくてもいいんだけどね(笑)

分かりました! これからは英語の時代が終わって「プログラミング言語」の時代になるわけですね。ありがとうございました!

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。