プログラマー起業塾 プログラムで月100万稼ごう!プログラミングができなくても大丈夫♪
「Excel」に「Python」が統合されるって? イェーィ!!

「Excel」に「Python」が統合されるって? イェーィ!!

ExcelとPythonの統合はなぜ画期的なのか?


先生。マイクロソフト社の人気オフィスソフト「Excel」に、Pythonが統合されるかも知れないってニュースがありましたよ。これはどういうことですか?

これは、超ビッグニュースだね♪ Excelは表計算ソフトだけど、そこにPythonが組み込まれるかも知れないってことだよ。こんなビッグニュースは、ちょっとお目にかかれないな。

え?!そんなにビッグニュースですか? 私にはこのニュースの重要性がよくわからないのですが……

まずマイクロソフトは、独自のプログラミング言語「ビジュアル・ベーシック()」を開発・提供しているんだ。VBAはマイクロソフト社のオフィスソフトに組み込まれていて、Excelなどの機能を大幅に拡張できるとても有名なプログラム言語だよ。

あー、なんとなく聞いたことがあります。マクロとか、ビジュアルなんとかとかですね。

そう。Excelなどの操作を自動化したり便利にできるのがVBAだね。Excelは、1990年代から発売されているんだけど、ボクの記憶では、ExcelにVBA以外のプログラム言語が組み込まれたことは過去に一度もないよ。

つまりマイクロソフト社は、オフィス製品にVBAというプログラム言語を組み込んできたけど、それが崩れるってことですか?

そういうことだね。そしてその言語に「」が選ばれたってことだよ。これはすごく画期的なことだよ。なぜならPythonは、マイクロソフト社が開発したプログラム言語じゃないからね。つまり、外部の人が開発したプログラム言語を、マイクロソフトが自社のソフトに組み込むってことだよ。びっくりだよね。マイクロソフトは、自分で開発してきたプログラムやソフトを常に最優先してきたからね。

なるほどー。このブログでも繰り返し「Pythonが熱い!」って紹介してきましたからね。

うん♪ Pythonは人工知能、機械学習、ディープラーニングなどと親和性が高いから、Excelのような表計算ソフトと組み合わせて使うことができれば、さらに利便性が上がるよね。マイクロソフトは、最新テクノロジーの時代に乗り遅れないように、Pythonを採用したんだと思うよ。

そう考えれば、確かに画期的ですね。もともとExcelは計算ソフトの代表的な存在ですから、そこに最新テクノロジーの処理を得意とするPythonが組み合わされれば、いろんなデータ処理がラクにできそうです♪

うん。「ExcelとPython」の組み合わせは、とても期待できるね。

マイクロソフトからの正式な発表が待ち遠しいですね。ありがとうございました!

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。