プログラマー起業塾 プログラムで月100万稼ごう!プログラミングができなくても大丈夫♪
ドローン教習所が全国に続々と開校! ドローン操縦士の将来は?

ドローン教習所が全国に続々と開校! ドローン操縦士の将来は?

自動車教習所がドローン教習所を開校している本当の理由とは?

初心者ユウコちゃんシリーズ


先生。最近自動車教習所がドローンの操縦教室を開くケースが増えていますね。日本中で「ドローン教習所」が続々と開校しているようですよ。受講者も「将来のドローン操縦士を目指す」と張り切っています♪

ホントだね。止めればいいのに^^;

え?! 「止めればいいのに」ってどういうことですか?

だって、将来的にドローン操縦士が職業として成り立つとは思えないからだよ。

うへぇ?! どうしてですか? ドローンといえばいま話題の空飛ぶ機械ですし、測量や救難救助、会社のプロモーション撮影、そして空飛ぶ「ドローンタクシー」も登場して、ドローンの未来は明るいと思うんですけど…

うん。ドローンそのものの未来はとても明るいと思うよ。これからさまざまなところで使われていくだろうね。いまのインターネットにはできにない「アナログ」の情報収集ができるから、たとえば「新宿の駅前にあるラーメン屋さんの混雑状況」などが検索可能になると言われているよ。世界中にドローンが飛び回って、いろんな情報を収集するわけ。そのデータを誰でも検索できるようになるだろうから、「特定のラーメン屋の混雑状況」のようなアナログ情報も世界中から検索できるようになるよ。これは、インターネットに次ぐ大変革だね。

私もそう思います。だからこそ、ドローン事業の将来は有望で、全国でドローン教習所が相次いで開校したり、ドローン操縦士を目指す人が急増しているんじゃないんですか?

ドローン業界は急成長するだろうけど、ドローン操縦士は不要だよ。だって、誰でもスマホなどから自動操縦できるようになるんだから。そもそもドローン教習所が急増しているのは、自動車教習所が未来の生き残りを賭けてやっている事業なんだよ。もうすぐ自動車の自動運転技術が普及していくでしょ。そうなると、もはや自動車教習所はいらなくなるんだ。自動車の運転免許がいらなくなるからね。だから、自動車教習所はそうなったときの生き残りを賭けて、「ドローン教習所」を開校しているんだよ。

あー、なるほど。確かに自動運転技術が発展すれば、運転免許がいらなくなりますから、自動車教習所もいらなくなりますね。自動車の自動運転は、2020年頃から本格化されると言われていますからね。もうすぐ自動車教習所がいらない時代になるから、経営者は生き残りを賭けて、ドローン教習所を開校させているわけですね。

そう。でも、そのドローンも自動操縦できるようになるから、「ドローン教習所」や「ドローン操縦士」も不要というわけ。自動車教習所もドローン教習所も、近い将来全てなくなる運命にあるんだよ。そしてどちらの自動化もその開発はプログラマーが担うことになるんだ。だから、自動車教習所は「プログラミング教室」を開いた方がいいんだよね(笑)でも設備投資や講師不足などの問題で、そんなことはできないんだろうな。

そうなると、「ドローンの時代」を見据えて「ドローン操縦士」になろうとしている人たちの将来は、どうなっちゃうんでしょうか?

まぁ公園でドローンを飛ばして遊ぶだけで終わるんじゃないかな。なんのために高額なお金と多くの時間を掛けて「ドローンの操縦」を習ったんだろう! どうしてプログラマー起業しなかったんだろう!って、その時やっと気がつくよね。

……確かにそうなりますね。やっぱり、最新情報を知ることはとても大切ですね。そうじゃないと、私もドローン操縦士を目指していたかも知れません…… ありがとうございました!

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。