プログラマー起業塾 プログラムで月100万稼ごう!プログラミングができなくても大丈夫♪
プログラマー起業するのにプログラミングができなくても何の問題もない

プログラマー起業するのにプログラミングができなくても何の問題もない

「ツールやアプリの販売」と「バックエンド商品」を組み合わせて劇的に売上を上げよう!

初心者ユウコちゃんシリーズ


先生。「プログラマー起業」というと、やはり「自分でプログラミングができないとムリなんじゃないか」って思い込んでいる人が多いようですね。

そうなんだよね。これがわかりづらいところなんだけど、プログラマー起業をするのに、自分でプログラミングをする必要はないんだけどね。

先生はよく、大工さんの例を挙げていますね。「自分で大工になってもいいし、大工を統括する棟梁になってもいい」と。

そう。自分でカナヅチやトンカチを持って作業をする大工さんになってもいいし、複数の大工さんをまとめる役、つまり棟梁になってもいいということだね。プログラマー起業でも、自分でプログラミングができれば楽しいけど、できなくても何の問題もないよ。プログラムやシステムの基本的なことがわかっていれば、後はプログラマーに指示を出したりするまとめ役になることで、プログラミングで稼ぐことができるよ。

その「プログラムやシステムの基本」や、「プログラマーに的確な指示をする」ための知識をマスターできるのが、プログラマー起業塾というわけですね。

そう。ただここでよく間違えてしまうんだけど、プログラムやツールを作った後は、販売しなくちゃならないでしょ。そうなると、販売用のサイトや集客のためのSEO対策も必要だよね。ここでちゃんとした知識がないと、サイト制作会社やSEO業者にだまされて、数十万円規模の余計なお金を支払わなければならないケースもあるよ。また、ツールやアプリなどを販売して儲けることもできるけど、さらに儲けたいなら、「一度購入してくれた顧客に、さらに購入してもらう仕組み」を導入する必要があるんだよ。これを「バックエンド商品」とか「ツーステップマーケティング」などといったりするんだよね。

つまり、「ツールやアプリの販売」と「バックエンド商品」を組み合わせないと、爆発的な売上にはならないということですね。

そのとおり。世の中にはプログラミングを教えてくれる塾や教室はたくさんあるんだけど、実際にどうやって儲ければいいのか、儲けを爆発させるにはどうすればいいのかを教えてくれる人はいないんだよね。ボクは1995年頃からホームページを作り始めたし、2000年にはネット起業として独立しているから、自分で試行錯誤しながら獲得した知識や経験がたくさんあるわけ。それをみんなと共有しようというのが、プログラマー起業塾なんだよね。

ほとんどの人は、プログラミングはできないでしょうし、ツールやアプリを作ることができたとしても、それを販売するだけで満足してしまいますよね。「ツールやアプリの販売」と「バックエンド商品」を組み合わせて劇的に売上を上げる方法は見逃してしまうでしょうし、気がついたとしても具体的にどうやってそれを実現するのかをひとりで解決するのは難しいと思います。

それからプログラマー起業の最大の利点は、作ったツールやサイト、アプリなどは、日本国内だけじゃなく、「世界で販売できる」ということだね。日本は人口減少で少子高齢化だから経済が縮小していくけど、一転して世界に目を向ければ、人口爆発で経済が急成長している国や地域はたくさんあるよ。プログラマー起業なら、パソコン1台で世界を相手にビジネスができるんだよね。

なるほど! 自分が作ったツールやアプリが世界中の人に使ってもらえるなら、楽しいですね♪ それがどこにいてもパソコン1台でできてしまうわけですから、プログラマー起業はベストな選択だと思います。ありがとうございました!

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。